私たちは企業間をつなぐ情報連携システム構築を支援します

つながる中小企業とは?

  • HOME »
  • つながる中小企業とは?

中小製造業の現状とインダストリー4.0

中小製造業の現状とインダストリー4.0bこれまで我が国の中小企業、中でも中小製造業は我が国の産業基盤を支える重要な役割を果たしてきました。近年量産型のものづくりは海外へ流出しましたが、新製品の試作開発や顧客ニーズに合わせた特注品製造には高度な製造技術を蓄積してきた中小製造業が重要な役割を維持し続けています。しかし、これらの中小企製造業も扱える技術の幅が広くないために、複数の企業が連携して仕事を請け負っています。残念ながら企業間をつなぐ手段は電話・FAX・メールであり、デジタルデータを連携した効果的なIT活用は実現していません。最近、ドイツが国家戦略として「インダストリー4.0」の推進を発表し、我が国にも大きな影響を与えるのではないかとして、注目を集めています。ドイツは大企業だけでなく中小企業までを含めた産業全体を組み替える第4次産業革命を目指しています。インダストリー4.0は企業内の情報を経営レベルから生産設備までをつなぐだけでなく、サプライチェーンにつながる企業間の情報を接続し、顧客の要求に柔軟に対応するマス・カスタマイゼーションを目指しています。

インダストリー4.0の本質は「つなぐIT」

インダストリー4.0の本質は「つなぐIT」bそれではインダストリー4.0に対して我が国ではどのように取り組もうとしているでしょうか?インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)では大手企業を中心にして、IoTを利用したこれまでつながっていなかった生産設備を相互接続することにより、よりレベルの高い生産の仕組みを作り上げようとしています。しかし中小企業ではすぐにはこのような取り組みに参加できません。その理由は製造設備を相互に接続する前に、取り組まなければならない課題が多数残されているからです。中小企業はバラバラに導入されたアプリ間の社内ビジネス情報連携の仕組みを完成している先進企業はまだ少数にとどまっているからです。まずこの問題の解決が先決です。社内情報連携が実現しているIT活用先進企業でも顧客や協力企業間の情報交換はほとんどFAXです。これではインダストリー4.0の導入はできません。
中小企業「インダストリー4.0」で連携する業務b

ビジネスの世界では見積や注文情報の交換から始まり、生産進捗情報や在庫情報、品質情報など多様な情報が交換されています。しかし、これらのビジネス情報交換が手軽に安価で使えるインターネットのような便利なプラットフォームは提供されていません。中小企業インダストリー4.0を実現するためにはこれらのニーズを満たすITプラットフォームの実現が不可欠です。

「ビジネス連携プラットフォーム」の実現に向けて

ITコーディネータ協会では企業間連携により新しいビジネスモデルを作り上げようとしている有志の中小企業クループのご支援を行ってきました。これらの中小企業の皆様とご一緒に、ITコーディネータ協会では中小企業が利用できる「ビジネス連携プラットフォーム」の実用化に向けて取り組んでいます。このような課題解決を目指す中小企業の皆様に幅広くご参加いただき、中小企業インダストリー4.0の実現を目指して取り組んで行きたいと考えていますので、興味のある方は、ぜひお問合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6912-1081 受付時間 9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © つなぐIT:つながる中小企業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.