国際標準メッセージで中小企業共通EDIはどこでも・誰とでもつながります

共通EDI策定の経緯

■我が国のEDIへの取り組み経過

  • 2009年から3か年事業として経済産業省が次世代EDI推進協議会(JEDIC)を設立して審議(事務局JIPDEC)
  • 大手製造業界間を相互接続するEDI仕様の検討
  • 大手企業から中小企業への発注に利用する中小企業取引用共通EDI仕様の策定
  • 共通EDIソリューション認定制度の導入を想定
  • 大手製造業界(JEITA、JAMA)を相互接続するEDI標準は不要
  • 代わりに業界EDI標準相互の情報項目参照辞書を作成 →業界横断EDI仕様v1.1(次世代国際標準準拠共通EDI辞書)
  • 中小企業共通EDI仕様作成は時間切れ。 →JIPDECがJEDIC事務局を辞退したため、認定制度も棚上げ
  • そのため2012年度以降は民間主体で取り組む方向となりました。

スライド1

■ITコーディネータ協会の取り組み経過

  • 機械振興協会調査研究(JKA資金)に応募し採択された。(2009年度)
  • 「中小企業モノづくりの生産性向上に貢献する企業内・企業間データ連携手法」 ITC協会内にデータ連携調査研究委員会を設置。(2009年度~)
  • 中小企業庁EDI委託事業で採択された3社が委員会へ参加し、この3社で 中小企業共通EDI仕様策定に取り組み。
  • 中小製造業100社ヒアリング実施。(2009年度)
  • 紙注文書を入手して中小企業取引EDI化のための基礎データ分析
  • ITC協会よりJEDIC委員会に委員を派遣し、中小企業の立場から提言実施(2009年度~2011年度)
  • JEDIC解散後、ITC協会が中小企業EDI標準化活動の引受けを決定。
  • サプライチェーン情報基盤研究会(SIPS)へ参加(2012年度~)
  • 国際標準に準拠した中小企業共通EDI実装仕様v1.0を策定(2012年度)
  • 調査研究に参加の中小企業共通EDI/ASPを中小企業共通EDI仕様v2.0へバージョンアップして実装(2014年度)

 

 

 

 

共通EDIのことならITコーディネータ協会 TEL 03-6912-1081 受付時間 9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © つなぐIT:企業間取引 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.