国際標準メッセージで中小企業共通EDIはどこでも・誰とでもつながります

共通EDI事例紹介

  • HOME »
  • 共通EDI事例紹介

電材業界の事例

■宮地電機株式会社様:電材卸業界の発注企業事例

以前はEDI専用の通信手段だったため、他社へ拡大することが難しい状況でした。通信手段に依存しないシンプルな事例紹介です

■株式会社フジデン様:電材卸業界の受注企業事例

FAXやメールでの注文が主で、通信費や用紙代のランニングコストがかかっていました。パソコンで誰でも処理が行える事例紹介です。

 水インフラ業界事例

■メタウォーター社様:共通EDI実証実験事例

メタウォーター社の1500社取引会社とはWEB-EDI取引が23社、その他は紙取引が残されています。紙取引会社にとって共通EDIがメリットあるかどうかを実証実験で確認することが目的の事例紹介です。

海外日系製造業事例

■小島プレス工業社様:自動車部品業界のグローバルに対応した「国際EDI標準(国連CEFACT)」の実証実験事例

小島プレス工業社が開発した「共通XML/EDI」は、グローバルへの対応になっていません。今後、多くの中小企業がグローバルに対応するときに、日本で利用しているEDIが、そのまま利用できると中小企業の負担が軽減できるかどうかを確認することが目的の事例紹介です。

金融・商流EDI連携事例

■小島プレス工業社様:自動車部品業界の「金融EDI連携」実証実験事例

中小企業は、「品物」を納入しても「支払」が数か月後になり、資金繰りに苦労しています。また、金融機関は一般的に不動産(土地など)を担保に融資を行うが、「金融EDI連携」することにより、EDIの「受発注情報」が「動産担保」となり、中小企業への融資も可能になるかどうかを確認することが目的の事例紹介です。

共通EDIのことならITコーディネータ協会 TEL 03-6912-1081 受付時間 9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © つなぐIT:企業間取引 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.