国際標準メッセージで中小企業共通EDIはどこでも・誰とでもつながります

プロバイダサービス

  • HOME »
  • プロバイダサービス

共通EDIプロバイダのサービス機能

  • 共通EDIプロバイダサービス1シングルインターフェース接続サービスの提供
  • 共通EDIプロバイダ間の接続
  • メッセージフォーマット変換サービスの提供 
  • 発注企業・受注企業の取引情報フォーマット(CSV)の提供
  • 企業コード変換サービスの提供
  • 指定帳票の印刷

 

■シングルインターフェース接続サービスの提供

共通EDIプロバイダが受注企業向けWEBサイト経由のシングルインターフェース接続サービスを提供することにより多画面問題は解消します。

■共通EDIプロバイダ間の接続

共通EDIプロバイダ間の連携が実現すれば発注企業、受注企業は一つの共通EDIプロバイダと契約すれば、異なる共通EDIプロバイダと契約している取引先企業とのEDIメッセージ交換も可能となります。

■メッセージフォーマット変換サービスの提供

共通EDIプロバイダが多様な発注企業固有の発注メッセージのフォーマット変換サービスを提供すれば、受注企業は自社の受注アプリケーションがインポート可能なフォーマットで注文メッセージを変換なしでそのまま受信できます。これにより多画面問題は解決します。

■発注企業・受注企業の取引情報フォーマット(CSV)の提供

共通EDIプロバイダは受信したCSVフォーマットデータを中小企業共通EDI仕様に変換し、これを受注企業のCSVフォーマットに再変換して提供します。

■企業コード変換サービスの提供

この変換サービスの提供により中小企業が企業コード変換の負担無くEDIを利用することが可能となります。

■指定帳票の印刷機能

発注者が指定納品書などを利用する場合はEDI化を行うと発注者が印刷して提供できなくなるので、受注者が指定帳票類を印刷する手段を提供することができます

 

共通EDIのことならITコーディネータ協会 TEL 03-6912-1081 受付時間 9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © つなぐIT:企業間取引 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.