中小企業に受発注業務の革命を起こせ!

~中小企業共通EDIの最新情報と活用事例~

大企業も含めICT化が大きく遅れている業務分野があることをご存じでしょうか。それは受発注業務です。多くの企業が未だにFAXによる受発注を行っています。

大企業においても中小企業からの受注の大部分はFAXで受けているのが現状です。このような状況の中、ITCAが取組む「中小企業共通EDI」が日経コンピュータで「受発注革命」として特集され、中小企業から大手企業まで大きな反響を呼んでいます。

本セミナーでは、是非、ITCの皆さんに地域の受発注革命のキーパーソンを目指して頂きたく、企業の受発注業務の現状をお伝えするともに、「中小企業共通EDI」の概要と最新動向、実際の導入支援の進め方やEDI独特の課題をご紹介します。

【開催概要】

開催日時:2019年12月18日(水)14:00~16:10

第1部 14:00~15:00

  • 「取組むなら今!DX時代の受発注業務改革」 ~「中小企業共通EDI」の概要と最新動向~

  • 講師:ITコーディネータ協会 研究員(共通EDI担当) 野田 和巳 氏 (ITコーディネータ)

第2部 15:10~16:10

  • 「ITCが全国の支援先企業の受発注改革で活躍するために」 ~共通EDIの導入・活用支援の実例紹介~

  • 講師:特定非営利活動法人 モノづくり応援隊in大田区 村上 出 氏 ( ITコーディネータ)

参加方法:ライブストリーミング/お申込み後、視聴用URLをお知らせいたします。 (会場参加/ITコーディネータ協会)

費用(税込):会員1,100円 ITC2,100円 一般3,300円

お申し込みはこちらよりお願いします。

https://www.edi.itc.or.jp/post/seminer-20191218