一人暮らしにおすすめガス会社【2023年最新版】

※ページに広告が含まれる場合があります。

ガス料金なんかほかの人より高いんだけど、安くなる方法ないのかなー
うん、あるよー!ガスは生活に必要だけどそりゃ安くしたいよねー
おれ、一人暮らしだしお金ないから安くなる方法あるなら教えてよー
それでは今日は一人暮らしの方に向けてガスのおすすめな節約方法を解説するね

一人暮らしをしていると節約は非常に大事です。特にガス・電気・インターネット、携帯などの必要不可欠なものは毎月お金の請求があり、これを少しでも安くすることができれば家計は楽になります。
今回は一人暮らしのあなたのためのおすすめのガス会社選びを解説していきます。

この記事の内容

■ガスってどんな種類があるのか
■ガスの種類の確認、契約会社の確認方法
■一人暮らしの方におすすめな節約方法

こんな質問にお答えする記事です!

まず自分が住んでいる場所が、都市ガスかLPガス (プロパンガス)か確認しよう

まずはガスの「種類」を確認する必要があります。一人暮らしの方はマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる方が多いとは思いますが、その場所が都市ガスを採用しているのか、LPガス(プロパンガス)を採用しているのかを確認する必要があります。

ガスの種類が分からない方への確認方法2選

確認方法① ガスボンベの有無を確認する

ガスボンベがある場合はLPガス (プロパンガス)です。
ガス会社の確認はだいたいそのガスボンベに書いてあります。

ガスボンベがなくてガスメーターがある場合は都市ガスとなります。
都市ガスの場合は住んでいるによってガス会社が異なりますので、下記からガス会社を確認してください。

関東エリアの方→ 東京ガス
千葉県の一部 → 京葉ガス
関西エリアの方→ 大阪ガス
中部エリアの方→ 東邦ガス
九州エリアの方→ 西部ガス

確認方法② ガス料金の請求を確認する

ガス会社からくる料金の請求を確認しましょう。
口座振替やクレジットカード支払いの場合はどこから請求がきているか、コンビニなどで払える支払用紙が来ている方はその支払用紙に書いてあります。
上記の「東京ガス」、「大阪ガス」、「東宝ガス」、「西部ガス」からの請求であれば都市ガス、それ以外であればLPガス(プロパンガス)ということになります。

LPガス(プロパンガス)の場合の節約方法

料金の仕組みを理解して料金を比較しよう

ほとんどのLPガス(プロパンガス)会社の料金設定は基本料金と従量料金からなる「二部料金制」となっております。
比較するには基本料金の確認、従量単価の確認(1㎡あたり)が必要となります。

LPガス(プロパンガス)の切り替え手順

①まず今の会社より安い会社を選ぶ(選び方は次項で解説します)
②新たな会社への申し込みと現在のガス会社の解約
③ガス設備の切り替え工事

※マンション・アパートの場合は大家さんや管理会社の許可が必要な場合があります。

ガス会社選びと切り替えの進め方

LPガス(プロパンガス)会社は非常に多くあり、新たな契約と解約・切り替え工事等、多少面倒な作業となります。
現在のプロパンガス会社によっては解約する際、違約金が発生する場合もあります。
ただ、これを乗り越えれば非常に安くなる場合がほとんどですので、なんとかこの面倒な作業を乗り越えたいところです。

面倒ですが私のおすすめなのが、下記のサイトであれば現在のガス会社を確認して今より安くなる会社をオペレーターが選定してくれ、申込から解約の方法まで案内してくれます。
さらに切り替えの際のキャッシュバックキャンペーンがつく場合があります。そのオペレーターに任せていればスムーズに切り替えをすることができ、今より非常に安い料金で今までと同じようにガスが使えるようになります。すぐにエントリーすることをおすすめします。

都市ガスの場合の節約方法

料金の仕組みを理解して料金を比較しよう

都市ガスの料金設定は基本料金とガスの使用量に応じてかかる従量料金からなる「二部料金制」となっております。
この基本料金と従量単価を比較し、今より安い会社を選べばいくら使っても現在よりは安くなるという仕組みです。

都市ガスの切り替え手順

①まず今の会社より安い会社を選ぶ(選び方は次項で解説します)
②現在のガス会社のお客様番号と供給地点番号を確認する(毎月届く「検針票」に記載されています)
③新たなガス会社への申し込み
④切り替え日の通知が届いて完了

おすすめの都市ガス会社

都市ガスの場合、地域によって申し込みができる会社が異なりますが、今より安いガス会社に申し込みをするだけで、現在のガス会社の解約等や工事も必要なく、
いつのまにか切り替わっており非常に簡単に切り替えができます。
プロパンガスの場合は解約金が発生したり、工事が必要だったりと手間がかかりますが、都市ガスは非常に簡単に切り替わってしまうので、下記のおすすめから是非切り替えをしてみてください。

東京ガス(関東エリア)の場合

レモンガス

京葉ガス(千葉県)の場合

(準備中)


大阪ガス(関西エリア)の場合

J:COMガス


東邦ガス(中部エリア)の場合

(準備中)

西部ガス(九州エリア)の場合

(準備中)

まとめ:ガス会社を変えるだけで簡単節約

ガスは生活に欠かせないものです。だから料金は必ず必要です。しかし同じガスを使うにしてもこの節約方法を知り、実際に切り替えるだけで料金は非常に安くなります。
少し面倒ではありますが、たった1度の切り替えで済んでいる間は現在よりずーっと安くなります。是非頑張って切り替えに挑戦してみてください。
ご自分の住んでいる場所が切り替えられるのかわからない・・・確認が面倒くさい・・・そんな方は下記のサイトであれば確認から切り替えまですべて任せるだけであなたに適したガス会社を選定してくれ簡単に節約することができますので一度試してみてください。

★ガス以外の節約方法を知りたい方


よろしければ、下記からシェアをお願いいたします!

関連記事

  1. ガスコンロ

    都市ガスとプロパンガスの違いや見分け方【2023年最新】

  2. ガス

    都市ガス料金の平均は?簡単節約方法も【2023年最新】

人気記事

  1. テレビとリモコン
  2. ドコモ光のみ残す
  3. FODプレミアム
  4. ipnone
  5. iphone_or_android
  6. どっちを選ぶ?
  7. wifiルーター
  8. セキュリティ
  9. テレビとリモコン
PAGE TOP