光回線利用時のWi-Fiルーターの選び方【2023年最新】

※ページに広告が含まれる場合があります。

光回線を利用するとき、どのようなWi-Fiルーターを選べばいいのでしょうか。Wi-Fiルーターは多くのメーカーから多くの種類が出ているため、詳しくない方はどれを選べばいいのか分からなくなることも無理はありません。

この記事の内容
  • 光回線を利用している方のWi-Fiルーターの選び方
  • Wi-Fiルーターのスペックや機能
  • 環境別のおすすめWi-Fiルーター

そこで本記事では、光回線利用時におすすめのWi-Fiルーターの選び方について解説します。

Wi-Fiルータの選び方

改めてWi-Fiルーターとは、パソコンやスマートフォンなどのWi-Fi接続対応端末をインターネットに接続するための機器のことを指します。Wi-Fiルーターはワイヤレスで接続できるため、多くの配線を必要とせず、家中どこでもインターネットに接続することができます。また、複数の端末を同時に接続することも可能です。
そんなWi-Fiルーターは、どのような基準で選べば良いのでしょうか。機能やスペックと言った具体的な話は次項に譲るとして、ここでは特に重視すべきポイントを3つ解説します。

部屋の間取りで決めよう

一人暮らしか、家族での暮らしか、とも言い換えられます。部屋の大きさや間取りによって適切なWi-Fiルーターは変わるため、間取りで検討することは重要です。

同時に使う接続台数で決めよう

Wi-Fiルーターは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどはもちろん、テレビやゲーム器などとも接続可能です。ご自身の利用用途に応じて、どのくらいの端末を同時接続するのか考えて検討することも重要となります。

通信速度で選ぼう

Wi-Fiルーターを選ぶ際に最も重要なポイントと言っても過言ではありません。基本的に毎日使用することになるため、快適に接続できるWi-Fiルーターを選ぶべきでしょう。次項より、具体的なスペックや機能について見ていきます。

Wi-Fiルーターのスペックや機能

では実際にWi-Fiルーターのスペックや機能の見方について見ていきましょう。Wi-Fiルーターを評価する基準はさまざまですが、以下の4つのポイントで選ぶことをおすすめします。

  • 転送速度
  • 周波数
  • セキュリティ
  • アンテナ

それぞれ詳しく解説します。

転送速度

Wi-Fiルーターのスペックを確認する方法として、「転送速度」が挙げられます。転送速度とは「bps」という単位で表すことができ、1秒間にどのくらいのデータを転送できるかという単位で使います。「1kbps(キロビーピーエス)」なら毎秒1,000ビット、「1Mbps(メガビーピーエス)」なら毎秒100万ビット、「1Gbps(ギガビーピーエス)」なら毎秒10億ビットというように、数値が大きくなるに従って多くのデータを転送することが可能です。
また転送速度には上りと下りという概念があり、上りはデータをアップロードすることを指し、下りはデータをダウンロードすることを指します。Webブラウジングの速さは下りの速さで測ることができ、メールの送信やYouTubeへの動画のアップロードは上りの速さで測ります。ルーターのスペックに、最大転送速度が定められているため、この数値が高いほうが高性能なWi-Fiルーターといえます。

周波数

Wi-Fiルーターを選ぶ際は、周波数で選ぶという方法もあります。Wi-Fiの電波には、「2.4GHz」と「5GHz」の2つの周波数帯があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
2.4GHzは周波数が低く、電波が遠くまで届きやすいメリットがある一方で、電子レンジやIHクッキングヒーターなどと同じ周波数帯であるために、近くで使ったり同時に使ったりすると電波が弱まるデメリットがあります。
5GHzはWi-Fi専用の周波数帯であるため、他の家電と干渉することなく安定した通信が可能です。しかし壁などの障害物の影響を受けやすいデメリットがあります。
このようにそれぞれの周波数帯にはメリット・デメリットがあるため、自分に適した周波数を選ぶことが重要です。

セキュリティ

Wi-Fiルーターにセキュリティ対策を施すことは必須です。セキュリティ対策がされていないネットワークは、誰でも接続できてしまい、インターネットが遅くなったり、自分のパソコンのデータを見られたりする可能性があります。そのためセキュリティ対策が十分になされているWi-Fiルーターを選ぶことが重要です。Wi-Fiルーター本体のパスワードを定期的に更新することはもちろん、セキュリティーレベルの高い暗号方式で通信したり、フォームウェアを最新のものにアップデートするなどの対策が求められます。

アンテナ

Wi-Fiルーターには、アンテナが内蔵されているタイプと外部にアンテナがついているタイプの2つがあります。
内蔵アンテナは電波の方向を自由に設定できない一方で、突起物がなくお子さんがおられる家庭などでは安全といえます。
外部アンテナは端末を使用する方向にアンテナの向きを変えることで、より電波をキャッチしやすくなります。
自宅での使用状況を考え、適切なアンテナを選ぶことも重要になります。

おすすめWi-Fiルーター

ここでは一人暮らしや家族での利用など、さまざまな状況に合わせたおすすめのWi-Fiルーターを紹介します。ある状況では良いルーターでも、別の状況では芳しくないことは多々あります。そのため、自宅に合ったルーターを選択することが重要です。

一人暮らしの場合

一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターは、「バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WSR-300HP/N」です。
140×140×31mmというコンパクトさが特徴で、狭い部屋でも気軽に配置することが可能です。
また縦置きや横置き、壁掛けなどのさまざまな方法で設置できるため、狭い部屋でも柔軟なインテリアが可能となります。1000Mbpsの高速通信を可能にする有線LANポートも完備されていることもあり、デスクトップパソコンの利用にも最適です。一人暮らしではあるものの、比較的インターネットを使用するという方に特におすすめです。

マンションで3人以上で使う場合

マンションにおすすめのWi-Fiルーターは、「バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WSR-1166DHPL2/N」です。
2020年に発売された本製品は、省スペースでシンプルなビジュアルが特徴。ビームフォーミング機能を搭載していることで、部屋中で移動しながらでも高速通信が可能となります。フォームウェアのアップデートも自動で行ってくれるため、初心者でも簡単にセットアップすることが可能です。


戸建てで3人以上の場合

戸建てにおすすめのWi-Fiルーターは、「バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WSR-A2533DHP3」です。
本製品の特徴は何といっても接続の良さにあります。端末との距離や障害物の状況などを感知し、そのときに一番繋がりやすい電波を選んで通信できるため、広い戸建てでも快適に通信することができます。また「MU-MIMO」という機能により、複数端末の接続があっても高速通信が維持されます。家族全員でインターネットを使用しているときでも、問題なく通信できることは大きなメリットといえるでしょう。

オンラインゲームを利用する場合

オンラインゲームにおすすめのWi-Fiルーターは、「エイスース(ASUS) ROG Rapture GT-AX11000」です。
「Wi-Fi6」を搭載した最新モデルで、最大4804Mbpsの超高速通信が最大の魅力です。また周波数帯は5.0GHz帯であるため、安定した通信が求められるオンラインゲームに最適といえるでしょう。同時接続台数は36台と圧倒的に多いので、家族利用はもちろん、各種ゲーム機の接続やビジネス用途にも使用できるWi-Fiルーターといえます。

中継器を利用する場合

中継機としておすすめのWi-Fiルーターは、「バッファロー WEX-1166DHPS-W」です。
隣接するコンセントを妨害しないアンテナが内蔵されたコンパクトなデザインが特徴的です。5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数帯に対応しているため、適切に使い分けることができます。さらに有線LANポートが搭載されていることで、テレビやレコーダーへの接続も可能。中継機としては過不足ない機能といえるでしょう。


まとめ

Wi-Fiルーターは、用途によって選ぶことが重要です。一人暮らしで高スペックすぎるものを選んでも持て余すことになりますし、大家族で一人暮らし用を選ぶと通信が遅くなる可能性があります。間取りや通信速度、同時接続台数などをベースとして、周波数やセキュリティなども考慮して選ぶようにしましょう。自分にあったWi-Fiルーターを選ぶことが最重要です。

関連記事

  1. スマホとwifi

    iPhoneがWi-Fiに繋がらない!そんなトラブルはコレで解消

  2. wimax端末

    WiMAX端末を買取してくれる業者はある?その他の方法も解説【2023年最新】

  3. ソフトバンクエアー クレーム

    ソフトバンクエアーは遅い!なぜクレームが多い?お得な解約方法も【2024年最新】

  4. 解約

    ソフトバンクエアーの解約方法や注意点【2023年最新】

  5. wifiルーター

    Wi-Fiの平均速度は?機種ごとに比較【2023年最新版】

  6. ビックリマーク

    ビックリマークがついてWi-Fiに繋がらない!そんな時の対応方法

  7. 床に置かれたルーター

    ルーターの設置場所が原因でネットが遅い・・対策と解決方法

  8. mac

    MACがWi-Fiに繋がらない!そんな時はココをチェック!

人気記事

  1. ドコモ光のみ残す
  2. ipnone
  3. iphone_or_android
  4. テレビとリモコン
  5. どっちを選ぶ?
  6. パラボラアンテナ
  7. wifiルーター
  8. FODプレミアム
  9. セキュリティ
PAGE TOP