一人暮らしの方向け 電気代が高い原因を解説【2023年最新】

※ページに広告が含まれる場合があります。

「電気代が高くなる原因は何だろう」「できるだけ節約しているつもりなのに高くなってしまう」
一人暮らしをしている方で、このように思っている方はいらっしゃいませんか。

電気代が高くなってしまう原因がわからずに悩んでいる方は多いと思います。せっかくなら電気代をなるべく抑えて、その分他のことにお金を使いたいですよね。
そこで今回は、一人暮らしの方に向けて、電気代が高い原因を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の内容
  • 一人暮らしの電気代の平均
  • 電気代が高くなる原因3つ
  • 電気代を安くする方法3つ

一人暮らしの電気代の平均

一人暮らしの電気代の平均は、5700円となっています。今現在一人暮らしをしている方は、この値を基準として、電気代が平均より高いか安いかわかります。ただ、これは全ての一人暮らしの電気代であり、細かい条件によって、同じ一人暮らしでも電気代は異なります。例えば、会社に勤めで一人暮らしをしている世帯の場合、毎月の電気代の平均は4739円です。
会社勤めをしている人を除いた場合、一人暮らし世帯の電気代の平均は6550円です。

これらの結果を見れば分かる通り、会社に勤めている人は、他の一人暮らし世帯よりも毎月の電気代は安いことがわかりますね。毎日会社に行くため、家を空ける時間が長くなり、電気代が安くなっていると考えられます。

このように一概に一人暮らしといっても、どのようなライフスタイルなのかによって、電気代は異なることがわかります。在宅ワークの方や退職された方は、家にいる分電気をたくさん使います。一方で学生さんや会社勤めの方は、毎日家を空けるため、電気代を抑えられるのでしょう。

電気代が高くなる原因3つ

電気代が高くなる原因がわからずに悩んでいる方は多いと思います。できるだけ節約しているつもりなのに、何故か高くなってしまうという経験をしたことがある方もいるでしょう。そこで、電気代が高くなる原因を3つ紹介するので、参考にしてください。

待機電力

待機電力をご存知の方はいらっしゃいますか。これは、使用していないのに消費している電力のことです。例えば、一日中パソコンのコンセントを繋いでいたり、電子レンジのコンセントを繋いでいたりしている方はいらっしゃいませんか。実は、家電を使っていなくても、このようにコンセントを繋いでいるだけで電力は消費されているのです。

また、一人暮らしで一日中家を空けている方の場合、待機電力が電気代の半分を占めているというケースもあります。確かに、ずっと家にいないのに、コンセントだけ繋いでいたら無駄な電力が消費されてしまいますよね、待機電力の大きい家電としては、エアコンやウォシュレットなどが挙げられます。これらの家電を使わない時は、なるべくコンセントを抜くと節約になるでしょう。

契約内容

電気料金の契約内容も、原因の1つである可能性があります。一人暮らしなのに、実家と同じ内容で契約をしている方はいらっしゃいませんか。

自分だけの消費電力と家族3~4人分の消費電力は全く違いますよね。消費電力が変わると、お得なプランも変わるので、一人暮らし用のプランに契約変更する必要があると思います。家族用のプランから一人暮らし向きのプランに乗り換えた場合、数千円も安くなるケースもあるので、検討してみると良いでしょう。

お風呂

お風呂も電気代が高くなってしまう原因の1つです。しかし、お風呂に入ったらいけないというわけではありません。お風呂を沸かすこと自体は良いのですが、湯量の調節や保温などは電気が行っています。
この調節機能が、電力を非常に消費します。そのため、お風呂を沸かす時は、自分で蛇口をひねってお湯を入れたり、調節機能はオフにしたりすると節約になります。
面倒に感じるかもしれませんが、手動でやるか自動でやるかで消費電力はかなり変わります。

 電気代を安くする方法3つ

方法

電気代を安くするための節約術を3つご紹介します。「一人暮らしなのに何故か電気代が下がらない」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

エアコン

1つ目の節約方法は、エアコンの使い方を工夫することです。具体的には、温度を省エネ設定にすることです。

夏場は冷房を18度にして部屋をキンキンに、冬場は暖房を30度にして部屋が暑いくらいだという方はいませんか。昨今の夏は暑いですから、このような温度設定も無理はないのかもしれませんが、当然電気代はかかってきます。冷房は1度上げると13%、暖房は一度下げると10%の節約になります。これだけでも、毎月の料金はかなり変わると思います。

また、エアコンと一緒にサーキュレーターを使っても良いでしょう。サーキュレーターを使い室内の空気を循環させることで、エアコンの使用を抑えられます。毎日使うエアコンだからこそ、節約するように心がけましょう。

洗濯機

洗濯機の使用方法を工夫することによって、節約できます。まず、洗剤の量が多くなりすぎないように注意しましょう。洗剤が多すぎると、すすぎに時間がかかってしまい、その分電力が消費されます。適量を守って洗剤を使うようにしましょう。

また、なるべくまとめて一気に洗うようにしましょう。一人暮らしの方なら、この方法を実践している方は多いかもしれません。複数回にわけて洗濯するよりも、一回でまとめて洗った方が節約になります。ただし、洗濯物を入れすぎてもいけません。まとめて洗おうと思いすぎて、洗濯物を詰めこみすぎては逆効果です。洗濯物が多すぎると、回りが悪くなり、その分電気代がかかります。

冷蔵庫

冷蔵庫の使い方を工夫することで、節約ができます。まず、扉はすぐに閉めるようにしましょう。開けっ放しにしてしまうと、冷蔵庫内を冷やすための電力が無駄に必要になってしまいます。

さらに、入れすぎても冷やすための電力が余分に必要になってしまいます。冷蔵庫に入れる食べ物が多くなりすぎないように注意しましょう。また、作った料理を冷ましてから入れることでも、余分な電力を抑えられます。作ってすぐ冷蔵庫に入れるのではなく、少し時間をおいてから入れるようにしましょう。

電力会社の変更先おすすめ3つ

電力会社を変更することも電気代を抑える1つの方法です。そこで、変更先におすすめする会社を3つ紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 Looopでんき

Looopでんきでは、自然エネルギーから得た電力を販売しています。料金は、基本料金が無料で、自分が使った分だけ請求されるというしくみになっています。頑張って節約した分だけ電気代は抑えられるので、おすすめです。

特に、一人暮らしの方であれば、家族世帯に比べて使用電力が少ないはずなので、よりお得であるといえるでしょう。電気とガスのセット割引や電気とソーラーパネル発電のセット割引もあります。
お得なプランを組み合わせれば、さらに電気代は抑えられると思うので検討してみてください。

シン・エナジー

シン・エナジーでは、ライフスタイルに合わせたプランを選べます。例えば、在宅ワークで日中ずっと家にいるという場合は、昼間に多くの電気を使う人用のプランを選べます。また、昼間は会社に行っていて電気をほとんど使わないが、夜は電気を使うという場合は、夜間に多くの電気を使う人に向けたプランを選ぶと良いでしょう。在宅ワーク、会社員、学生さんなど様々な方に使っていただける会社です。

 エルピオでんき

この会社の特徴は、何と言っても電気代が安いことです。料金は業界最安値なので、とにかく電気代を抑えたいという方におすすめです。この会社と契約することに加えて、節約術を実践すれば、電気代はかなり抑えられるのではないでしょうか。

まとめ:原因を理解すれば電気代は安くできる

今回は、一人暮らしの電気代が高い原因について紹介しました。原因としては以下の3つのことが挙げられます。

  1. 待機電力が消費されている
  2. 契約内容が合っていない
  3. 風呂に電力がかかる

また、節約術として以下の3つを紹介しました。

  1. エアコンの使い方を工夫する
  2. 洗濯機の使い方を工夫する
  3. 冷蔵庫の使い方を工夫する

さらにおすすめの電力会社として以下の3社を紹介しました。

  1. Looopでんき
  2. シン・エナジー
  3. エルピオでんき

一人暮らしで高い電気代に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

  1. 冬

    冬の電気代が高い原因は?安くする方法も解説【2023年最新】

  2. 東京電力高い

    東京電力の電気代は高い?節約方法も解説【2023年最新】

  3. 電力自由化なぜ安くなる

    電力自由化はなぜ安くなるのか徹底解説【2023年最新】

  4. 時間帯

    電気代の高い時間帯は?時間帯ごとの最適なプランを解説【2023年最新】

  5. 沖縄電力

    沖縄電力の電気代は高い?節約方法も解説【2023年最新】

  6. 電気とお金

    四国電力の電気代は高い?節約方法も解説【2023年最新】

  7. 電気節約

    【2023年最新】関西電力の電気代は高い?安くする方法を解説

  8. 電卓と電気

    J:COMの電気代は高い?解決策も解説【2023年最新】

人気記事

  1. ドコモ光のみ残す
  2. ipnone
  3. iphone_or_android
  4. テレビとリモコン
  5. どっちを選ぶ?
  6. パラボラアンテナ
  7. wifiルーター
  8. FODプレミアム
  9. セキュリティ
  10. good or bad
PAGE TOP