ビッグローブ光とソフトバンク光を徹底比較【2023年最新】

※ページに広告が含まれる場合があります。

ビッグローブとソフトバンク光について、何がどう違うのか知りたい

光回線とスマホの組み合わせで、お得になったりしないの?

この記事では、このような疑問にお答えしています。両社のサービスを、以下の様々観点から比較しているため、違いがよく分かるでしょう。

 この記事の内容
    •  ビッグローブ光とソフトバンク光の初期費用や月額料金の比較
    •  ビッグローブ光とソフトバンク光の通信速度の比較
    •  スマホの契約先での比較





ビッグローブ光とソフトバンク光料金比較

料金

ここでは、ビッグローブ光とソフトバンク光の初期費用と月額料金について解説していきます。年間で見た場合の差額も把握できるでしょう。なお、月額料金については比較結果を分かりやすくするために、最大通信速度「1Gbps」プランの金額を紹介しています。(金額については、すべて税込み表示です)

初期費用

初期費用には、事務手数料と工事費があります。

 ビッグローブ光ソフトバンク光
事務手数料新規2年プラン:1,100円
3年プラン:3,300円
2年プラン:3,300円
転用2年プラン:2,200円
3年プラン:3,300円
事業者変更2年プラン:3,300円
3年プラン:3,300円
工事費用戸建て
(ファミリータイプ)
19,800円
※キャンペーン等により実質無料
26,400円
※キャンペーン等により実質無料
集合住宅
(マンションタイプ)
16,500円
※キャンペーン等により実質無料

(2022年3月1日時点の情報です)

事務手数料については、「新規」と「転用」の場合の2年プランのみビッグローブ光の方がやすいといえます。

参考

事務手数料の新規・転用・事業者変更について

  • 新規:現在インターネットを利用していない方の契約の場合、フレッツ光及び光コラボサービス以外のインターネットサービスからの契約の場合
  • 転用:フレッツ光からの変更の場合
  • 事業者変更:光コラボサービスからの変更の場合
参考

光コラボとは
インターネットサービスを提供する業者は、独自の回線を持っている業者(光回線事業者)と他社の回線を借りている業者(プロバイダや携帯電話会社など)に分けられます。
光コラボレーション(光コラボ)とは上記のうち、他社の回線(フレッツ光回線)を借りてインターネットサービスを提供している事業者のことです。「光コラボ事業者」と呼ばれ、ソフトバンク光や楽天ひかりもその1つです。
2015年1月以前は「光回線」と「プロバイダ」を別々に契約し、それぞれに料金を支払う必要がありました。現在は「光コラボ事業者」と契約するだけでインターネットをおトクに利用でき、さらに独自のサービスや特典を受けることができます。また、月額料金も安くなる傾向があり、その理由は他の光回線サービスと競争が生まれるからです。

工事費についてはファミリータイプ、マンションタイプ共にビッグローブ光の方が安いといえます。ただ両社とも同じでキャンペーン等を利用することにより実質無料です。キャンペーンを適用することにより両社とも実質無料なのでこの初期費用でどちらの方が良いかの判断にはなりません。

どちらも工事費相当分が月額料金から引かれる仕組みを採用しています。この仕組みのデメリットは、工事費の分割払いが終わっていないうちに解約すると、残高を支払う必要がある点です。途中解約をする場合は注意しましょう。

戸建ての月額料金

こちらでは最大通信速度1Gbpsでの料金を比較しています。以下の表をご覧ください。

ビッグローブ光ソフトバンク光
月額料金2年プラン:5,698円
3年プラン:5,478円
5,720円

(2022年3月1日時点の情報です)

月額料金を比べると、ビッグローブ光が低価格です。差額は2年プランの場合22円、3年プランの場合242円です。月額料金で比較すると、ビッグローブ光が魅力的です。

集合住宅の月額料金

集合住宅の月額料金について解説します。

ビッグローブ光ソフトバンク光
月額料金2年プラン:4,488円
3年プラン:4,378円
4,180円

(2022年3月1日時点の情報です)

月額料金を比べると、ソフトバンク光が低価格です。差額は2年プランの場合308円、3年プランの場合198円です。月額料金で比較すると、ソフトバンク光が魅力的です。

インターネットの速度比較

速度

現代は、在宅ワークが増加し、動画配信サービスも充実してきました。eスポーツも盛んになってきたため、より通信速度が重視されています。インターネット回線を選ぶときに、とても重要なポイントだと言えるでしょう。ここでは、ビッグローブ光とソフトバンク光の通信速度について、徹底解説します。

平均通信速度の比較

ソネット光プラスとソフトバンク光の通信速度の目安は、「みんなのネット回線速度」というウェブサイトで平均データを確認できます。以下データは2022年3月時点の平均速度値(直近3ヶ月)です。

平均ダウンロード速度平均アップロード速度
ビッグローブ光259Mbps203 Mbps
ソフトバンク光312 Mbps208 Mbps

実際の通信速度だけだとソフトバンク光の方が速いといえます。

一般的には、ダウンロード速度が重要と言えます。多くの方は、動画を見たり、インターネットで検索をしたりと、データをダウンロードすることがほとんどだからです。その点で比較すると、両社に大きな差はありません。通信速度については、どちらも平均的といえるでしょう。

通信速度はどのくらいあればいいの?

100Mbpsあれば、一般的なネット使用において問題ないとされています。ただし4Kなど高画質動画を見たり、複数端末をネットに接続したりと多くのデータを集中して使用する場合は、より速い通信速度が必要になってくるでしょう。また、「通信速度」は時間帯などにより変動することもあります。その要因については、次の項目をご覧ください。

通信速度は変動する

実際のところ通信速度は、回線を引いてみないと分かりません。回線の利用者数や使われている通信技術、プロバイダの技術力、契約する建物や地域によって変わるためです。これらのさまざまな要因により、通信速度は変動します。

ただ通信速度に大きく影響する要素が2つあります。それは、独自回線なのかと、利用者数です。この2つは密接に関係しており、独自回線は利用者数が少なく、通信速度は速い傾向にあります。一方で、他社回線(この場合フレッツ光回線)は利用者数が多いため、時間帯によっては重くなることがあるのです。

ビッグローブ光とソフトバンク光は、フレッツ光の回線を利用しているため、他社回線のインターネットサービス(光コラボ)となります。したがって、利用者数が増える夕方から夜の時間帯に、混み合う可能性が高いでしょう。

通信速度が遅い場合は通信機器も疑おう

時間帯によらず、通信速度が遅いと感じる方もいらっしゃるでしょう。その原因として、通信機器が影響していることもあります。もしくは、接続に使うLANケーブルの規格が古いのかもしれません。

インターネット回線の通信速度が早くても、通信機器がその速さに対応していなかったら、速度はあがらないままです。できるだけ最新規格に対応したものを、選択するようにしましょう。

携帯電話の契約先で比較

比較

通信費用を抑えるために重要なのは、契約中の携帯キャリアに合った光回線を選択することです。ここでは、auやソフトバンク、ワイモバイルのスマホを利用している方に向け、光回線との相性について解説します。

auユーザーの場合

auユーザーにとって、ビッグローブ光は相性の良い光回線といえます。auユーザーがビッグローブ光を利用すると「auスマートバリュー」または「auセット割」どちらかの割引を適用することが可能です。

どちらの割引サービスを選択するかの判断基準は自分を含め一緒に住んでいる家族の中にauユーザーが2人以上の場合は「スマートバリュー」、1人の場合は「auセット割」を選択するのがオトクです。

■auスマートバリュー
オプションサービスのビッグローブ光電話(月額550円~1,650円)の加入が必要だが1回線につき550円~1100円の割引が適用されます。そして最大10回線まで適用可能です。
■auセット割
オプションサービスの加入が不要で550円~1320円の割引が適用されます。

割引額は、auスマホの料金プランによって異なります。以下の表でご確認ください。

auスマートバリュー

対象プラン割引額
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
550円/月
※データ容量1GB以下の月は適用されない
  • ピタットプラン5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
550円/月
※データ容量2GB以下の月は適用されない
  • 使い放題MAX 5G ALL STARパック
  • 使い放題MAX 5G テレビパック
  • 使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G テレビパック
  • 使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G
  • タブレットプラン20
1,100円/月

(2022年3月1日時点の情報です)
※参照:auスマートバリュー│料金・割引

auセット割

対象プラン割引額
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 5G ALL STARパック
  • 使い放題MAX 5G Netflixパック (P)
  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G テレビパック
  • データMAX 5G
  • データMAX 5G ALL STARパック
  • データMAX 5G ALL STARパック (P)
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 5G Netflixパック (P)
  • データMAX 5G with Amazonプライム
  • データMAX 5G テレビパック
  • auフラットプラン7プラス
  • auフラットプラン7プラスN
  • auデータMAXプラン
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • LTEフラットcp(1GB)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)、auピタットプランN(s)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック(V)、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)
  • シンプル+auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)、auピタットプランN(s)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)
  • 使い放題MAX 4G
  • 使い放題MAX 4G Netflixパック (P)
  • 使い放題MAX 4G テレビパック
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE Netflixパック
  • データMAX 4G LTE テレビパック
  • タブレットプラン20
  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 2G(VK)/3G(VK)
  • カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)
  • スーパーカケホ(ケータイ/V)+データ定額1G(ケータイ/V)、3G(ケータイ/V)
550円/月
  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 5G(VK)/8G(VK)/10G(VK)/13G(VK)
  • スーパーカケホ(ケータイ)+データ定額 5G(ケータイ/V)
1,320円/月

(2022年3月1日時点の情報です)
※参照:ビッグローブ光│auセット割




ソフトバンク、ワイモバイルユーザーの場合

ソフトバンクの方

ソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光が最適といえます。ソフトバンクユーザーの料金プランが「おうち割 光セット」の適用条件に合致していると、スマホ料金に割引が適用されます。ソフトバンク光の利用も適用条件の一つです。おうち割 光セットの詳しい適用条件については、後述にて解説しています。

割引額と対象プランについては以下の表をご覧ください。

対象プラン割引額
データプランメリハリ無制限/データプランミニフィット+
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
1,100円/月
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ
550円/月

上記以外のプランは(ソフトバンク公式サポートページ)から確認できます。

ソフトバンクの低料金プランである『LINEMO(ラインモ)』は対象外なので、注意してください。

ソフトバンクでは、家族の回線(最大10回線)の携帯料金も「おうち割 光セット」の対象です。そのため家族全体の通信費を抑えることができます。

ワイモバイルの方

ワイモバイルユーザーには、ソフトバンク光が最適といえます。ソフトバンクの方と同様に「おうち割 光セット」が適用されるためです。割引額を以下の表に記載します。

対象プラン割引額
シンプル S/M/L1,188円/月
スマホプランL1,100円/月
スマホプラン M/R770円/月
スマホベーシックプラン S/M/R/L
データベーシックプランL
スマホプランS
など
550円/月

※参照:Y!mobile│おうち割 光セット(A)

契約しているプランによって、ワイモバイルの割引額のほうがソフトバンクよりも大きくなっています。こちらも家族回線まで対象なのは嬉しいポイントですね。では次に、上記の割引を得るために必要となる「おうち割 光セット」について解説します。

おうち割 光セットの適用条件

おうち割 光セットの適用を受け、スマホ料金から割引してもらうには、ソフトバンク光において「指定オプション」への加入が必要です。指定の必須オプションは3つあります。以下の表をご覧ください。

オプション名オプション名
①光BBユニットレンタルルーターのレンタルサービス(ルーターとは複数の機器でインターネットを利用するための装置のこと)
②Wi-Fiマルチパック上記の光BBユニットが無線で利用できるようになるサービス
③以下のいずれか一つ
・BBフォン
・ホワイト光電話
・光電話+BBフォン
固定電話サービスのことです。どのプランを選ぶかで、オプション費用が変わってきます。

おうち割 光セットの適用には、①~③までのオプションへの加入が条件です。料金はセットで提供されており、最低でも550円。これらオプションへの加入はつまり、「ソフトバンク光と同時に、固定電話サービスも使ってね」ということです。固定電話の詳しいサービス内容については「こちら(ソフトバンク公式サポートページのQ&A)」が参考になります。

加入するかどうかは、ソフトバンクのスマホ料金に550円以上の割引がかかるかどうかで判断すると良いでしょう。そうすると、通信費全体の削減に繋がります。つまり、お得になるかどうかは、スマホの料金プラン次第なのです。


au、ソフトバンク、ワイモバイル以外の場合

au、ソフトバンク、ワイモバイル以外で携帯電話(スマホ)を利用している場合はワイモバイルユーザーには、ソフトバンク光が最適といえます。戸建て住宅(ファミリータイプ)の場合はビッグローブ光、集合住宅(マンションタイプ)の場合はソフトバンク光を選択するとよいでしょう。

まとめ:スマホの契約先で判断しよう

メリットとデメリット

ビッグローブ光とソフトバンク光で迷っている場合は、まずスマホの契約先で判断すると良いでしょう。

スマホ等の契約

ビッグローブ光ソフトバンク光
au
ソフトバンク
ワイモバイル
au、ソフトバンク
ワイモバイル以外

戸建て
集合住宅

通信速度については、どちらもフレッツ光の回線(光コラボ)を利用しているので、違いはほぼないと言えます。

そしてどちらかをワイモバイルユーザーには、ソフトバンク光が最適といえます。契約する場合は特典などが受けることができる評判の良いオンラインサイトから申し込みすると通常で申し込むよりもオトクな特典が受けることができるので下記のサイトから申し込むのがおすすめです。

ソフトバンク光のオススメのオンライン申し込みサイト

申し込み特典最大37,000円
詳細を確認する

申し込み特典としてのキャッシュバックもお得なうえに、最短2ヶ月で受け取ることが可能です。
ソフトバンク光公式キャンペーンと合わせると、非常にお得です。
迷っているなら、エヌズカンパニーを選んでおけば間違いないでしょう。

WEBから24時間いつでも申し込むことができます。
申込フォームを送信すると、専門スタッフから電話がありますので、そのまま手続きを進めましょう。

「でも、いきなり申し込むのは不安」という方には、上記の窓口の無料見積もりをしましょう。
住所や建物タイプなどの情報を入力すれば、エリア判定と見積もりを専門スタッフに案内してもらえます。

ビッグローブ光のオススメのオンライン申し込みサイト

ビッグローブ光

申し込み特典26,000円
詳細を確認する

申し込み特典としてのキャッシュバックもお得なうえに、最短2ヶ月で受け取ることが可能です。
ビッグローブ光公式キャンペーンと合わせると、非常にお得です。
NNコミュニケーションズを選んでおけば間違いないでしょう。

WEBから24時間いつでも申し込むことができます。
申込フォームを送信すると、専門スタッフから電話がありますので、そのまま手続きを進めましょう。

「でも、いきなり申し込むのは不安」という方には、上記の窓口の無料見積もりをしましょう。
住所や建物タイプなどの情報を入力すれば、エリア判定と見積もりを専門スタッフに案内してもらえます。

関連記事

  1. 比較

    光回線おすすめサービスは環境別で選ばないとダメ【2023年最新】

  2. テレワークをする女性

    KCN光の評判やサービス概要を徹底解説【2023年最新】

  3. ソフトバンクエアー

    UQ自宅セット割の条件や割引対象を詳しく解説【2023年最新】

  4. NURO光

    OCN光の評判や商品概要をを徹底解説【2023年最新】

  5. テレワークをする女性

    ドコモ光の評判や商品概要をを徹底解説【2023年最新】

  6. 比較

    ソネット光とソフトバンク光を徹底比較【2023年最新】

  7. 比較

    戸建てで1番安い光回線は?【2023年最新】

  8. メリットとデメリット

    光回線を引くメリットは?他との違いも解説【2023年最新】

人気記事

  1. ドコモ光のみ残す
  2. ipnone
  3. iphone_or_android
  4. テレビとリモコン
  5. どっちを選ぶ?
  6. パラボラアンテナ
  7. wifiルーター
  8. FODプレミアム
  9. セキュリティ
  10. good or bad
PAGE TOP