戸建てで1番安い光回線は?【2023年最新】

※ページに広告が含まれる場合があります。

戸建てで実質的に1番安い光回線は?
利用する期間によって安さは変わる?

費用が総合的に安くつく光回線は月額料金だけでなく、初期費用やキャンペーンが異なるため、利用する期間によって変わります。
よって(利用する期間(月)×月額料金)+ 初期費用(契約料・工事費用) ‐ キャッシュバック特典 + 解約金(違約金・工事費の残債費用)の合計金額を下記にまとめました。

また携帯がドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイル・ワイモバイルのスマホを契約中の場合はセット割引が付く光回線にするのがベストですのでその内容についても解説しています。

 この記事の内容
      •  利用する期間ごとの料金比較
      •  スマホのセット割が適用できる光回線
      •  おすすめの申し込み方法
      •  申し込みから利用開始までの全手順
      •  戸建ての光回線の良くある質問

戸建てで1番安く利用できる光回線

1年間だけ利用する場合

1年間のみ利用する場合はほとんどの会社が、解約金(違約金・工事費の残債費用)が必要なため、(利用する期間(月)×月額料金)+ 初期費用(契約料・工事費用) ‐ キャッシュバック特典 + 解約金 で算出しております。

戸建てで光回線を1年間利用する場合、「ドコモ光」が1番安く利用できることが分かりました。

順位光回線サービス1年間の合計費用
1位ドコモ光35,440円
2位So-net光プラス44,936円
3位excite MEC光53,460円
4位ソフトバンク光53,860円
5位NURO光53,878円

上記の結果、1年間利用する場合は圧倒的に「ドコモ光」が1番安く利用できます。「ドコモ光」は全国で利用できる為、エリアを確認する必要もありません。また、ドコモの携帯やスマホの契約があるドコモユーザーに関しては1台につき最大1,100円割引があるのでさらにお得となります。
ドコモの契約がない場合でも「ドコモ光」は契約は可能ですので、戸建てで1年間のみ利用する場合は「ドコモ光」を選びましょう。

ドコモ光が1番安く利用できる要因としては、解約金の工事費の残債がなく、キャッシュバック額が多いという点です。ほとんどの光回線は工事費実質無料というキャンペーンを実施していても、2年や3年利用しない場合は工事費の残債が最後に請求されてしまうためです。

2年間利用する場合

2年間利用する場合でも解約金(違約金・工事費の残債費用)が必要な光回線があるため、(利用する期間(月)×月額料金)+ 初期費用(契約料・工事費用) ‐ キャッシュバック特典 + 解約金 で算出しております。

順位光回線サービス2年間の合計費用
1位ドコモ光98,580円
2位NURO光101,614円
3位ソフトバンク光103,580円
4位So-net光プラス105,392円
5位楽天ひかり107,580円

上記の結果、2年間利用する場合は「ドコモ光」が1番安く利用できます。「ドコモ光」は全国で利用できる為、エリアを確認する必要もありません。また、ドコモの携帯やスマホの契約があるドコモユーザーに関しては1台につき最大1,100円割引があるのでさらにお得となります。ドコモの契約がない場合でも「ドコモ光」は契約は可能です。

ただ、2年間利用する場合は1位から5位までそんなに料金の差はありません。そしてドコモ光、NURO光、ソフトバンク光、So-net光プラスについては携帯やスマホのセット割が適用できます。

以上のことから戸建てで安く2年間利用する場合の結論としては、携帯やスマホの契約先で決めましょう。下記にまとめました。

携帯やスマホの契約安く利用できる光回線
ドコモドコモ光
ソフトバンク
ワイモバイル
ソフトバンク光
NURO光
au、UQモバイルSo-net光プラス
上記以外ドコモ光

3年間利用する場合

3年間利用する場合はほとんどの光回線が工事費の残債は必要ありませんが違約金が必要な光回線は多いため、(利用する期間(月)×月額料金)+ 初期費用(契約料・工事費用) ‐ キャッシュバック特典 + 解約金 で算出しております。

3年間利用する場合は圧倒的に「NURO光」が安く利用できます。

順位光回線サービス2年間の合計費用
1位NURO光149,350円
2位楽天ひかり170,940円
3位excite MEC光172,260円
4位ドコモ光172,720円
5位ビッグローブ光174,738円

上記の結果、「NURO光」が1番安く利用できますが、「NURO光」は利用できないエリアがあるため、エリアの確認が必要です。下記に「NURO光」の利用エリアを記載しています。

NURO光の提供エリア

  • 北海道
  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
  • 中国(広島・岡山)
  • 九州(福岡・佐賀)

住んでいる地域がNURO光が提供エリア外の場合

住んでいる地域が上記のエリアでない方は、2位から5位の中の光回線選びましょう。2位から5位の光回線はほとんど金額に差がないので「楽天ひかり」、「excite MEC光」、「ドコモ光」、「ビッグローブ光」をどれを選んでも問題ありません。また「楽天ひかり」、「excite MEC光」、「ドコモ光」、「ビッグローブ光」は全国対応可能なため、エリア確認も必要ありません。

スマホセット割対象の携帯やスマホを利用している場合

スマホセット割対象の携帯やスマホを利用している場合は、割引が非常に大きいためお持ちの携帯やスマホに合った光回線を選ぶようにしましょう。

光回線とのセット割がある携帯会社

  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • au
  • ワイモバイル
  • UQモバイル

各携帯会社によって選ぶ光回線は下記のとおりです。

携帯やスマホの契約安く利用できる光回線
ドコモドコモ光
ソフトバンク
ワイモバイル
ソフトバンク光
NURO光
au、UQモバイルSo-net光プラス
ビッグローブ光

おすすめの申し込み方法

上記で算出した料金は、1番お得な特典がある申し込み先で申し込んだ場合の合計料金です。申込窓口は複数ありますが、キャッシュバック額が少ない、キャッシュバック額は多いけどキャッシュバックの受け取り方法が非常に複雑、キャッシュバックの時期が非常に遅いなど様々です。

下記の申し込み先は様々な窓口を比較の結果、1番お得な申し込み先をまとめています。

  • ドコモ光
  • NURO光
  • ソフトバンク光
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • 楽天ひかり
  • excite MEC光

ドコモ光のおすすめ窓口

NURO光のおすすめ窓口

NURO光

NURO光は公式サイトから申し込みのが1番お得です。

公式サイトでの特典

  • 工事費実質無料
  • 45,000円キャッシュバック
  • 設定サポート1回無料
  • 他社からの乗り換えの場合、違約金を最大20,000円を還元

ソフトバンク光のおすすめ窓口

ソフトバンク光

ソフトバンク光は正規代理店の「エヌズカンパニー」から申し込むのが1番お得です。キャッシュバックも非常に早く、工事完了後2ヶ月で受け取ることができます。

エヌズカンパニーの特典

  • 工事費実質無料
  • 37,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換えの場合、違約金最大100,000円を還元

So-net光プラスのおすすめ窓口

So-net光プラスは公式サイトのソニーネットワークコミュニケーションズから申し込むのが1番お得です。

公式サイトの特典

  • 工事費実質無料
  • 50,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター永年無料
  • 開通までモバイルルータが0円/月

ビッグローブ光のおすすめ窓口

ビッグローブ光は正規代理店のNNコミュニケーションズから申し込むのが1番お得です。

NNコミュニケーションズの特典

  • 工事費実質無料
  • 30,000円キャッシュバック

楽天ひかりのおすすめ窓口

楽天ひかり

楽天ひかりは公式サイトから申し込むのが1番お得です。

公式サイトの特典

  • 工事費実質無料
  • 1年間、月額料金2,200円割引

excite MEC光のおすすめ窓口

エキサイトMEC光

excite MEC光は公式サイトから申し込むのが1番お得です。

公式サイトの特典

  • 工事費無料
  • 契約事務手数料無料
  • 開通手続き料無料
  • 1年間、月額料金495円割引

申し込みから利用開始までの全手順

光回線は下記の手順で利用開始が可能です。

  1. インターネットで申し込み
  2. 確認電話、工事日の決定
  3. 工事立ち合い
  4. インターネットの設定
  5. 利用開始

それぞれ詳しく解説します。

インターネットで申し込み

申し込みの窓口は上記で紹介した1番お得な下記の窓口で申し込みましょう。

  • ドコモ光
  • NURO光
  • ソフトバンク光
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • 楽天ひかり
  • excite MEC光

確認電話、工事日の決定

上記で申し込んだ後、担当者から確認の電話が入ります。初期費用、月額料金、違約金、注意事項、申し込み特典など認識に違いないのかの確認があります。

その後、工事日の調整を行いますので都合の良い日時で調整してもらいましょう。

申し込みから工事までどれくらいかかる?
工事日までの期間は約2週間~1ヶ月程度です。

電話が終わったら数日で郵送物が届きます。その郵送物には工事後に必要なID/パスワード等の情報が入っていますので必ず保管しておきましょう。

工事立ち合い

工事は電線から光ファイバーの線を宅内に入線作業を行い、そして入線後宅内に回線終端装置 (モデム) を設置します。
光ファイバーの入線方法や回線終端装置 (モデム) の設置場所は当日、担当者と相談を行うこともできます。

工事立ち合いの時間は?
基本的には1時間~2時間程度で終わります。

インターネットの設定

工事完了後インターネットの設定を行います。設定は簡単で各社からマニュアルを渡されるので数分で完了します。

Wi-Fiを利用する場合も工事の際に設置した回線終端装置 (モデム) にWi-Fiルーターを繋げればすぐに利用できます。

利用開始

上記の手順が終われば、その後すぐにインターネットが利用することができます。

光回線は使い放題となりますので使いすぎたから制限される心配もありません。

戸建ての光回線の良くある質問

固定電話を使用しているけどそのまま使える?

固定電話(NTTアナログ電話)は光回線と別回線の為、そのまま利用できます。

また光回線を利用して固定電話を利用することができ、各社光回線 (インターネット) の利用料とは別に550円ほどで利用が可能です。その場合は現在の番号をそのまま利用もでき、現在の固定電話の月額費用より安く利用できます。

光回線とモバイル回線どちらが良いですか?

モバイル回線の方が光回線より少しだけ安く利用でき、工事が不要というメリットはありますが、おすすめできません。

戸建でモバイル回線をおすすめしない理由

  • インターネットの速度が遅い
  • 複数人利用する場合は安定しない
  • 使いすぎると制限がかかる場合がある

光回線でテレビも見ることができますか?

各社オプションでテレビサービスも利用することが可能です。

地上デジタル放送、BS放送、CS放送も光回線を利用すればアンテナ不要で視聴することができます。

まとめ:光回線は利用する期間や環境に応じて選ぼう

各社、初期費用、月額費用、解約金、キャンペーンなど様々な条件が異なりますので、利用する期間や携帯やスマホの環境によってベストな光回線が変わってきます。

また申込先によって非常に負担する料金も変わってきますのでこの記事で学んでいただき、お得に光回線を利用しましょう。

関連記事

  1. テレワークをする女性

    ドコモ光の評判や商品概要をを徹底解説【2023年最新】

  2. 工事費無料・縛りなしの光回線4つのサービスを徹底解説【2024年最新】

  3. 【光回線の速度比較】驚愕の事実が判明【2023年最新】

  4. NURO光

    NURO光の評判や商品概要をを徹底解説【2023年最新】

  5. ドコモ光どこで契約

    ドコモ光どこで契約したらいい?おすすめの窓口を解説【2023年最新】

  6. 光回線を工事不要で使う!できる場合とできない場合【2023年最新版】

  7. 乗り換え

    ワイモバイルユーザーにおすすめの光回線を解説【2024年最新】

  8. パソコン

    ぷらら光の評判や商品概要をを徹底解説【2023年最新】

人気記事

  1. テレビとリモコン
  2. ドコモ光のみ残す
  3. FODプレミアム
  4. ipnone
  5. iphone_or_android
  6. どっちを選ぶ?
  7. wifiルーター
  8. セキュリティ
  9. テレビとリモコン
PAGE TOP