ドコモ光どこで契約したらいい?おすすめの窓口を解説【2023年最新】

※ページに広告が含まれる場合があります。

「ドコモ光はどこで契約したらいい?」
「窓口がいっぱいあって悩む」
「一番お得でおすすめの窓口はどこ?」

こんなお悩みありませんか?

ドコモ光を契約しようと思っても、窓口がいっぱいあって悩みますよね。
そこで今回は、ドコモ光を契約したい方に役立つ情報をまとめました。

\ おすすめのドコモ光の窓口 /

✔この記事の内容

  • ドコモ光を契約する3つの方法
  • それぞれの窓口のメリットとデメリット
  • ドコモ光の色々なタイプとその違い
  • ドコモ光のそれぞれのプロバイダの特徴や違い
  • おすすめ窓口・GMOの概要

この記事を読んで、自分にいちばん合った契約方法や窓口を見つけて賢くドコモ光を利用しましょう。

ドコモ光はどこで契約する?方法は3つ

ドコモ光の契約窓口は次の3つです。

  • 電話
  • ドコモショップ
  • オンライン

それぞれの窓口のメリットとデメリットを紹介します。

ドコモ光を電話で契約する

ドコモの電話申し込み窓口は下記です。

■ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター
0120-808-539
受付時間:9:00~18:00
※土日祝日・年末年始を除く

電話で契約するメリット

電話で契約するメリットは、来店よりも手軽でありながら電話口で質問ができることです。
「ドコモショップに行く時間はないけれど、疑問点をしっかり確認しておきたい」という方におすすめです。

電話で契約するデメリット

電話申し込みでは、受付時間が決まっていることがデメリットです。
平日しか受付をしていないので、仕事の都合で電話できないという方もいるでしょう。

ドコモ光をショップに行って契約する

ドコモショップで手続きする場合は、来店予約を活用しましょう。
予約をせずに行くと待ち時間が非常にかかる場合があることと、店舗によっては来店予約がない場合は受付してくれないケースもあります。
予約をすれば、待ち時間がほとんどなくスムーズに手続きができます。

ドコモショップで契約するメリット

ドコモショップで手続きするメリットは、対面で話を聞けること、その場で手続きが完結することです。
担当者から直接話を聞いて、安心して申し込みたい方におすすめです。

ドコモショップで契約するデメリット

ドコモショップに来店すると移動する手間がかかることと、予約をしていても前の人が長引くと待ち時間が発生することもあります。
またドコモショップの担当者は携帯やスマホの専門的な知識は持ってはいますが、ドコモ光等の家のインターネット環境については専門的な知識を持っているスタッフは非常に少なく、質問内容によっては確認に時間が必要になることが多いです。

ドコモ光をネットなどのオンラインで契約する

インターネットサイトなどのオンラインで申し込むこともできます。

オンラインで契約するメリット

オンラインなら、24時間いつでも申し込めます。
来店や電話の待ち時間や手間もないので、忙しい方にぴったりの方法です。
またオンラインの窓口によっては公式の特典以外にキャッシュバック等のお得な特典が付与されます。

オンラインで契約するデメリット

オンラインだと、対面で話が聞けないというデメリットがあります。
また、入力フォームなどになじみがない方には少し不安に感じる方もいりかもしれません。

ドコモ光のそれぞれのタイプとその違い

まず、マンションか戸建てかによって料金体系が異なります。
さらにタイプによって、選べるプロバイダ等が変わってきます。

ドコモ光マンションタイプ

プラン (2年定期契約)月額料金(税込)
1ギガ タイプA4,400円
1ギガ タイプB4,620円
1ギガ 単独タイプ4,180円

ドコモ光をマンションで利用する場合
使い放題の定額制を利用する場合はタイプA・タイプB・単独タイプで4,180円~4,620円 (税込)
となっております。

ドコモ光戸建てタイプ

プラン (2年定期契約)月額料金(税込)
1ギガ タイプA5,720円
1ギガ タイプB5,940円
1ギガ 単独タイプ5,500円

ドコモ光を戸建てで利用する場合
使い放題の定額制を利用する場合はタイプA・タイプB・単独タイプで5,500円~5,940円 (税込み)
使った分だけの料金変動制はドコモ光ミニの2,970円~6,270円 (税込み)
となっております。戸建てで持ち家の場合は、許可等は必要ありませんが場合によっては自宅側に穴あけ工事が必要になる可能性もあります。

プロバイダによって料金が異なる

ドコモ光は選ぶプロバイダによってタイプA・B・C、単独タイプの4つの料金プランがあります。
それぞれのタイプの詳しい内容を見ていきましょう。

タイプAとタイプBは、どちらもプロバイダ一体型です。
つまり、月額料金にドコモ光とプロバイダの料金が含まれています。
それぞれで選べるプロバイダが違い、サービス内容と料金も違います。

タイプA:プロバイダ一体型

ドコモ光タイプA

引用:ドコモ公式 ドコモ光料金プラン

マンション:4,400円/月 (税込)
戸建て:5,720円/月 (税込)

このタイプはドコモ光の中で1番選ばれているプランで、使い放題で1番安く使えるプランです。

タイプB:プロバイダ一体型

ドコモ光タイプB

マンション:4,620円/月 (税込)
戸建て:5,940円/月 (税込)

このタイプは上のタイプAと同じく定額制ですがタイプAより220円高くなります。
プロバイダにこだわりがあり、上の6つのプロバイダを選びたい方におすすめです。

タイプC:ケーブルテレビの設備を利用

タイプCは、提携しているケーブルテレビ会社の設備を用いて提供を行うタイプです。
「1ギガ タイプC」の料金は、タイプAと同じです。

タイプCの提携事業者を確認したい方は、下記から参照ください。
ドコモ光タイプC 提携CATV一覧

単独タイプ:プロバイダ別契約

単独タイプは、プロバイダを別途契約する必要があります。
上記のタイプA、タイプB以外のプロバイダを選択したい場合はこちらのタイプを選択しましょう。
フレッツ光に対応しているプロバイダであれば、利用することができます。

マンション:4,180円/月 (税込み)
戸建て:5,500円/月 (税込み)

各プロバイダの特徴やキャンペーン

ドコモ光ではタイプAタイプB合わせて20社以上のプロバイダに対応しています。
各プロバイダによってサービス内容やキャンペーンが違うので、自分に合ったプロバイダが選べます。

ここでは、特におすすめのプロバイダ3つを紹介します。

おすすめのプロバイダ第1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの主な特典内容

  • 最大2万円のキャッシュバック
  • dポイント2,000ポイントプレゼント
  • 無料の訪問サポート
  • ドコモ光開通までの最大3か月間、無料モバイルWi-Fiレンタル
  • v6プラスの高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタル
  • セキュリティソフト「マカフィー」が1年間無料

なんといっても、合計22,000円分戻ってくるのは嬉しいポイントです。
さらに、高性能Wi-Fiルーターでサクサクと快適にインターネットが楽しめます。
v6プラスという次世代技術を使っているので、回線の混雑ポイントがなく快適に利用できるのです。
GMOとくとくBBには他にもたくさんの嬉しい特典があり、一番おすすめです。


おすすめのプロバイダ第2位:@nifty

ニフティの主な特典内容

  • 最大2万円のキャッシュバック
  • 無料の訪問サポート・リモートサポート
  • v6プラスの高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタル
  • 契約中、家電量販店ノジマでの商品購入が8%割引に

ニフティもキャッシュバックが1位のGMOとくとくBBと同額となっています。
ただし、「スカパー!」または「ひかりTV for docomo」への同時加入が条件となります。
余計な契約をしたくない方は、GMOとくとくBBをおすすめします。


おすすめのプロバイダ第3位:OCN

OCNの主な特典内容

  • 最大2万円のキャッシュバック
  • 無料の訪問サポート
  • Wi-Fiルーター無料レンタル

OCNもキャッシュバック金額が魅力です。
ただ、他の特典を比べた時に、GMOとくとくBBや@niftyにすこし劣ります。

おすすめ窓口・GMOの概要

GMOとくとくBBが最もおすすめのプロバイダであることを紹介しました。
GMOとくとくBBは、「GMOインターネット株式会社」が運営しています。1991年設立の東証一部上場企業で、名前を知っている方も多いでしょう。
インターネットインフラ事業をはじめとして、さまざまなインターネット事業を行っており信頼できます。

GMOとくとくBBをおすすめする理由をもう少し詳しく見てみましょう。

他のプロバイダでもキャッシュバックはありますが、最大22,000円分戻ってくるのはGMOとくとくBBだけです。
これは実質割引に相当します。申し込み時にオペレーターに「キャッシュバック希望」と忘れずに伝えましょう。

さらに、高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできます。
下り速度:342.71Mbps/上り速度:299.10Mbpsという圧倒的な速度なので、動画などもサクサク観られます。
こんなに高性能なのに無料なので、使わない手はないですよね。

他にも、開通工事までモバイルルーターを無料でレンタルできるなど、たくさんの特典があります。

詳細を知りたい方は、公式サイトをご確認してみましょう。

\ おすすめのドコモ光の窓口 /

まとめ

今回は、ドコモ光とおすすめのプロバイダについて解説しました。
内容のまとめは、このようになります。

■ドコモ光の契約方法
契約方法は電話・ドコモショップ・オンラインの3つがある
忙しい方にはオンライン、じっくり話を聞きたい方にはドコモショップがおすすめ

■ドコモ光の料金は、以下によって変わる
マンション/戸建て
タイプA・B・C、単独タイプ

■おすすめのプロバイダ
第1位:GMOとくとくBB
第2位:@nifty
第3位:OCN

おさらいになりますが、お得に契約したいならGMOとくとくBBをおすすめします。
どうせなら特典と快適なインターネット環境を同時に手に入れたいですよね。
キャンペーン内容は変わることもありますので、検討中の方はいまのうちに申し込みましょう。


関連記事

  1. 【光回線の速度比較】驚愕の事実が判明【2023年最新】

  2. 乗り換え

    ワイモバイルユーザーにおすすめの光回線を解説【2024年最新】

  3. 比較

    ソネット光とソフトバンク光を徹底比較【2023年最新】

  4. 光回線を工事不要で使う!できる場合とできない場合【2023年最新版】

  5. 比較

    eo光とソフトバンク光を徹底比較【2023年最新】

  6. メリットとデメリット

    光回線を引くメリットは?他との違いも解説【2023年最新】

  7. 比較

    光回線おすすめサービスは環境別で選ばないとダメ【2023年最新】

  8. ソフトバンクエアー

    UQ自宅セット割の条件や割引対象を詳しく解説【2023年最新】

人気記事

  1. テレビとリモコン
  2. ドコモ光のみ残す
  3. FODプレミアム
  4. ipnone
  5. iphone_or_android
  6. どっちを選ぶ?
  7. wifiルーター
  8. セキュリティ
  9. テレビとリモコン
PAGE TOP