DAZNの料金プランや他社との比較【2024年最新】

※ページに広告が含まれる場合があります。

DAZNの料金ってどのくらい?

他社と比較してどうなの?評判は?

DAZNはライブスポーツを観る方におすすめです。
いつでもどこでもライブ中継を観ることがてき、ライブの見逃しも配信しています。DAZNは130以上のコンテンツで年間10000試合以上を提供しています。

日本、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダ、イタリア、アメリカ、スペイン、ブラジルの世界9カ国で展開していて、世界的スポーツメディアグループDAZNが提供しているライブスポーツが1番見られるサービスです。

 この記事の内容
    •  DAZNの料金プラン
    •  DAZNの特徴
    •  DAZNと別のサービスと比較
    •  DAZNが視聴できる機器
    •  DAZNの評判や口コミ
    •  DAZNの登録方法

DAZNの料金プラン

料金プランは月額で支払うか年間でまとめて支払うかの2つです。

  • 月額利用料金は1925円(税込)
  • 年間プランは一括19250円(税込)

※iPhoneやiPadのApp内課金などでは、年間プラン一括19400円(税込)

年間プランにすると月額料金の10ヶ月分の料金で12ヶ月視聴できる計算です。ずっと利用するなら年間で購入した方がお得ですね。

ただし、2022年2月22日までなんです。
2022年2月22日からは値上げされるようです。値上がりに関してはちょっとしたニュースになったぐらい衝撃的なものだったみたいですね。

値上げ後の値段も記載しておきます。

  • 月額料金3000円(税込)
  • 年間プラン一括27000円(税込)

年間プランは月あたり換算すると、1カ月あたり2250円になります
AppleのApp内課金の場合は27,800円(税込)となります。

  • 年間プラン(月々払い)31200円(月額2600円)

月額1925円から1000円以上の値上げになりますね。かなりの値上げになります。試合の放映権などやはり値段が高いのでしょうか。そのあたりははっきりわかりませんね。

さらに個人的に残念なのは1ヶ月の無料期間がなくなることです。。
お試し期間がなくなるのは判断材料の1つがなくなってしまうのでより慎重に判断しなくてはいけませんね。

また、参考までにどうして値上げになったのかの理由を調べましたが値上げの理由として日経新聞の記事を読みますと

「今後もより一層プレミアムなスポーツ体験をお届けするため」と説明しているそうです。
参照資料(日経新聞):https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC21CBE0R20C22A1000000/

やはり、試合の放映権や独占放送をするためにお金が必要な感じがしますね。

より良くなるんであれば仕方ないですが、月額1000円以上の値上げは皆さん悲鳴を上げてるのではないでしょうか。今後値上げした分さらなるサービスの向上を期待しております!!

DAZNは日割り計算はある?

注意

結論からいうとDAZNに日割り計算はありません。

ちなみに料金発生する日はDAZNに加入した日なので、月の途中で加入してもそこから30日での計算になります。

解約も契約期間内の途中で解約したとしても契約期間が切れるまで利用できますので、日割計算はないですね。
契約日時は確認して解約するときは何日に解約になるか確認した方がいいですね。

DAZNの特徴

様々な機能

DAZNの特徴

130以上のスポーツコンテンツがあり、年間10000試合以上配信されていることです。

ジャンルとしてはサッカー、野球、モータースポーツ、アメリカンフットボール、テニス、ボクシング、ダーツ、競輪などで多種多様なスポーツが観戦できます。興味のあるスポーツが見つかると思います。

例えばサッカーでは明治安田生命Jリーグの、J1・J2・J3すべてを全試合独占中継しております。

他にはプレミアリーグ、ラ・リーガ・セリエA、ベルガーリーグ、スコティッシュ・プレミアシップ、明治安田生命J1とJ2とJ3、AFCアジア予選、AFC女子アジアカップ、FAカップ、DFBポカール、スーペルコッパ・イタリアーナ、コッパイタリア、Yagibo WEリーグ、コパ・デル・レイ、リヴァプールTV、全国高校サッカー選手権、やべっちスタジアムなどのバラエティ、ドキュメントなどなどたくさん観戦できます。

サッカーのみ取り上げても大ボリュームで、このボリュームがDAZNの特徴です。

またスマホでも観戦できますので、外出先でもスポーツ観戦を楽しめます。

見逃した試合も観ることができる

ライブ中継の試合を見逃しても大丈夫です。見逃し配信として試合を丸ごと観線することができます。
さらにはその試合をハイライトで観戦することができ、試合結果を見直すこともできます。

感動した試合や見逃してしまった時も観ることができます。

手軽に始められる

スカパー等のようにアンテナを設置したり、ケーブルテレビのチューナなどを必要とせず、気軽に利用できます。ネット環境さえあれば利用できますので、使い勝手が良いのが特徴です。

DAZNと別のサービスと比較

AとB

DAZN以外のスポーツ観戦に特化した動画配信についてはスカパーぐらいではないでしょうか?まず、スカパーのセットから比較してみます。

スカパー!スポーツセレクション

月額料金2970円(税込)+基本料金429円(税込)=合計3399円(税込)

JSPORTS1+2+3+4とスカイAとGAORA SPORTSで編成されています。

「スポーツセレクション」で観戦できるスポーツは主に野球、ゴルフ、バレーボール、ラグビー、サイクロードレース、モータースポーツ、フィギュアスケート、サッカー、バドミントン、バスケットボール、卓球、その他スポーツとセットになっているものです。

いろんなスポーツを観ることができるサービスでDAZNのコンセプトと似ているセットになります。
DAZNは値上げ後でも3000円ということなのでDAZNの方が少し安いですね。

スカパー!プロ野球セット

月額料金4054円(税込) +基本料金429円(税込)=合計4483円(税込)

「プロ野球セット」はプロ野球に特化したセットになっています。DAZNより値段は高くなっています。DAZNは広島カープ主催試合を除く試合が見れますが、カープファンの方はスカパーの方がいいかもしれません。

ただし値段で考えるとDAZNの方が安いです。

スカパー!サッカーセット

月額料金2480円(税込) +基本料金429円(税込)=合計2909円(税込)

「スカパー!サッカーセット」はサッカーに特化したセットです。値段は値上げ後のDAZNよりは少し安いです。

しかし、DAZNはサッカー以外のスポーツも楽しめます。

スカパーとの比較の結論

スカパーと比較してみると値段においてはDAZNの方が安い印象です。配信も野球なら広島カープ主催試合が見れなかったりと少し取り扱っている内容が変わっているみたいです。贔屓しているチーム有無で決定した方がいいかもしれませんね。

そうするとDAZNはいろんなスポーツも網羅しているのでより楽しめるのではないかと思います。

DAZNが視聴できる機器

計算機とスマホ

スマホやタブレットやパソコンだけでなく、ゲーム機(PlayStation4、PlayStation4 Pro、PlayStation5、XBOX)でも観戦できます。

また、スマートテレビ、Air Stick、Fire TV、Apple TV、Chromecastなどでも視聴できます。大画面で楽しむこともできます。

スマホで外出先で観ることができるのはとても便利ですね。大事な試合の開始時間に間に合わない時、あきらめることなく試合を生で観ることができます。

複数の機器での同時視聴はできる?

1つのアカウントで5つの機器を登録でき、2つの機器で同時視聴できます。

2台までであれば同時視聴ができるみたいですね。また、5台まで機器を登録できるので家ではタブレット、外ではスマホというように使い分けができますね。

以上DAZNの解説をしていきました。人気のスポーツは大体が押さえてありますのでスポーツ好きの方は是非とも一度はお試しした方がいいサービスとなってますね。

DAZNの評判や口コミ

評判、口コミ

良い口コミのまとめ

・スポーツ観戦を好きなら損はない
「自転車競技が好きな方やサッカー好きな人が満足している」という口コミがありました。

・コストが安くなるのでスカパーから乗り換えたという口コミ
スカパーのコストと比較して選ばれている方もいらっしゃるみたいですね。
確かにスポーツ観戦をスカパーで利用している方は多いのではないかと思います。DAZNのほうが安いのでしょうか?そのあたりは下記の本題で説明しております。

悪い口コミのまとめ

・サポートに不満
サポートセンターなどでの対応に不満がある口コミが目立ちました。困っているときに対応が悪いと不満がたまりますよね。

・使い勝手が悪いとの声
サッカーなどで見れないリーグがあるや見逃し配信を見ようとしてロゴやCMが流れてなかなか見れないなど口コミがありました。
好きなスポーツが配信されている方は満足している方は多いみたいですが、逆に観たいスポーツが配信されていない方は不満のようです。
また、カスタマーの対応が悪いというところが目立ちますね。映像配信サービスなので多少は仕方ないとは思いますか少し気になるところですね。

DAZNの登録方法

手順

①タブレットやスマホにアプリをダウンロード
②アカウントを作成
※名前、メールアドレスを入力してくだい。さらにパスワードを作成すればアカウントが作成できます。
⓷支払い情報を入力します。カード情報を入力します。

ちなみに支払いはクレジットカードまたはデビットカード(一部のデビットカードは、料金の支払いに対し)利用できないものもあるので注意してください)やDAZNプリペイドカードやDAZNチケットやDAZN年間視聴パス

オンライン決済ではPayPalやiTunes、Amazon決済、モバイルキャリア決済など支払い方法は多数あります。

これだけのステップでDAZNを使用することができます。

まとめ

特に2022年2月22日には値段が上がり、無料期間がなくなりますのでそれまでに試すのも良いかと思います。

値上げに関してもネガティブにとらえず、より良くなるとポジティブに捉えた方が良いですね。独占放送やプレミアムな試合が増えたりするのではないのでしょうか?そう考えるとワクワクしますね。これからDAZNを利用しようか迷われている方の参考になればと思います。

DAZN以外のサービス

下記のサービスは無料トライアル期間が設定されており、無料で楽しむ事ができます。

サービス名
無料期間
公式サイト
31日
2週間
2週間
30日
最大31日

関連記事

  1. 漫画

    U-NEXTで漫画は読み放題?お得に楽しむ方法を詳しく解説

  2. テレビとリモコン

    Huluの料金プランや他社との比較を徹底解説【2024年最新】

  3. 解約

    ディズニープラスの解約の際の注意点や手順を解説【2024年最新】

  4. FODプレミアム

    FODプレミアムの料金や支払い方法を解説!他サービスとの比較も【2024年最新】

  5. VOD

    VOD比較【洋画】ベスト5【2024年最新】

  6. Huluの月額や支払い方法を画像付きで徹底解説【2024年最新】

  7. movie

    【徹底比較】HuluとJ:COM動画みるならどっち?料金・コンテンツ・サービスを解説!2024年最新…

  8. canceled

    dTVの解約方法、注意点やタイミングをチェックしよう【2024年最新】

人気記事

  1. ドコモ光のみ残す
  2. ipnone
  3. iphone_or_android
  4. テレビとリモコン
  5. どっちを選ぶ?
  6. パラボラアンテナ
  7. wifiルーター
  8. FODプレミアム
  9. セキュリティ
PAGE TOP